工事をトラブル無く行ない建物をより安全にできる秘訣

トラブルを避ける

解体工事をする時に必要な情報を提供していきます。解体工事をする時に、道路や庭が広い場合は問題ないですが、狭い道路で庭もない住宅を解体する場合には、重機やダンプが入る事ができないため、解体工事をする時に警察に解体工事の申請をしたり、ガードマンを配置して交通整理をする必要があります。 そのため道路が狭い住宅を解体する場合は、信頼できる解体業者を選び、よく工事の相談をしておく事が重要です。解体工事をする時には見積書をもらう事が重要ですが、解体工事をしていると追加工事が発生する事も多いです。解体工事の追加費用としては、住宅の下から井戸が発見された場合や浄化槽がある場合です。

そういった設備があった場合は、解体にかかる費用が増えるため、事前に床下をチェックしておく事が大切です。また地下から廃材が大量に出てきた場合にも、解体費用が増える事があります。そのため解体工事はトラブルになっても良いように、余裕をもった予算で行なう事が重要です。 隣家と近い場合は、養生シートをする事が大切です。足場を組んで養生シートをする事で粉塵が舞っても隣家に迷惑がかかる事はありません。隣家との距離が近くて足場を組む事ができない場合は、養生シートを解体する住宅の屋根に固定して、上から垂らす事によって隣家に迷惑をかけないようにするのです。解体する住宅が隣家と近い場合は、重機で解体すると振動と騒音が大きいため、人力で解体する事が大切です。



Created by BlackTie.co - Attribution License 3.0 - 2013