工事をトラブル無く行ない建物をより安全にできる秘訣

最新の記事

火災を防止する

建物の安全を守るためにいろんな定期検査が行われますが、その一つに防火対象物点検があります。きちんと行って報告しないと罰則を受けてしまうため、どのように行っていくべきか悩んでいる方もいるでしょう。

安全な建物を維持するために防火対象物点検を行ないましょう。3つのプランの中から、お客様に合った最適なプランを紹介していきます。

» readmore

工夫することで得られる

設計管理と言っても、クリアーなイメージでとらえられる人は非常に少ないはずです。 機器や部品の仕様と納期、コスト、構造物の詳細な設計と管理を、建設業者は設計管理と呼んでおります。

安心で安全な耐震補強工事に必要なグラウト工事はお任せください。お客様のニーズに応えて、満足できるサービスを提供しています。

» readmore

流動性のある建材

グラウトとは建築工事用語で、空洞部分に注入する液体のことを指します。 その液体は主に流動性で、多くはセメントやガラス、合成樹脂などが用いられます。流動性があるので、セメントよりも柔軟性があり使いやすいです。

» readmore

トラブルを避ける

住宅の解体工事は知識がないとトラブルになる事も多い工事です。追加で工事が入ったりすることもあるので、住宅を解体するときには十分に業者に相談し、ガードマンなどを設置するといった対策を取ることが大切です。

» readmore

太陽を使う

太陽光発電にするメリット

数あるエネルギーの中で太陽光発電にすることによるメリットとは何でしょうか。クリーンで無尽蔵なエネルギーである。太陽光発電は、発電時に地球温暖化の原因のひとつと言われている、CO2をほとんど排出しません。しかもエネルギー源は太陽なので、他の資源のように枯渇する心配がありません。電気代(光熱費)を節約できる。太陽光で発電した電力により、光熱費の削減が期待できます。また、余った電力は電力会社に売ることができますので、導入費の回収が早まります。補助金を受けられるクリーンエネルギーなので、自治体から導入に際し補助金を受けられます。災害時に強い。自然災害などで停電になった時も、太陽光発電による電力を使用できます。

価格的に

太陽光発電システムの設置価格は年々下がってきており、2015年は施工業者間の競争がさらに激しく、設置価格はさらに安くなると予想されます。例として発電量3.5kWの設備の導入価格は、工事費込みで2001年では267万円したものが、2011年には181万円にまで下がってきました。実は導入に際するコストダウンが進んだおかげで、2015年に導入するにはいくつかのデメリットが生じています。まず、売電価格が年々下がり続けていること。そして、消費税アップによる費用の上乗せ、国からの補助金の打ち切りなど。しかし、それでもコストダウンによる初期費用の減少、また技術の進歩による変換効率の向上や、機器の信頼性の向上により維持費も下がっており、結果的には2014年と比べても導入するメリットは十分にあると考えられます。



Created by BlackTie.co - Attribution License 3.0 - 2013